災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう

災害時にどう使うか

ネットワーク

機能や利用用途など

企業にとって労働者の安全確保は重要な義務です。職場での安全を保証するための環境を整えるだけでなく、職場外でも従業員の安否確認をする手段が必要です。日本では様々な自然災害が起こる危険性が高く、従業員がいつなんどき災害に巻き込まれるか分かりません。それでは実際に災害が発生した場合に安否確認システムはどのように利用するのでしょうか。安否確認システムの基本は携帯電話・スマートフォンの利用です。現在ではほとんど全ての人が携帯電話を持っていると思われるので、このインフラを利用します。まず予め安否確認システムに従業員のメールアドレス、居住地、勤務地などの情報を設定しておきます。そしてある地域で災害が発生すると、安否確認システムが自動的に当該地域に居住、勤務する従業員に対して安否確認メールを配信します。この場合の地域指定は、気象庁の警報や災害情報を元にシステムが判定出来ます。メールを受け取った従業員は、メールに返信するか、安否確認メールに記載されているURLから連絡掲示板にアクセスして現在の状況を報告するかします。管理者側は個別に従業員のメールする必要はなく、安否確認の管理画面で状況を確認する事が出来ます。また、管理者がシステムにアクセス出来ない場合も想定して、管理者や経営者に対して安否の報告がシステム経由でメールされるようにする事も可能です。これが安否確認システムの仕組みになります。事前の設定さえしていれば、いざという時に迅速に従業員の安否を知ることが出来ます。

Copyright© 2017 災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう All Rights Reserved.