災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう

従業員の勤怠状況

男性

システムを利用して把握

勤怠管理とは、企業が従業員の就業状況を正確に把握して、適切に管理を行うことです。勤怠管理を行うべき企業はは、労働基準法の労働時間の規定が適用されている事業所となっています。従業員を雇用する殆どの事業所が勤怠管理を義務付けられている訳です。ただ、大企業になれば、一人一人の勤怠状況を確認するのには無理があり、システムを利用して管理を行うのが一般的です。適正な勤怠管理を行うことで、正当な給与計算もできるのです。最近では、クラウドサービスを利用した無料の勤怠管理システムが普及しています。クラウドサービス上のシステムの基本はタイムレコーダー機能です。クラウドサービスのソフトを社内コンピューターにインストールした上で、社員一人一人の情報を設定します。その設定をすることで、社員の日々の勤務時間や早出残業の状態を管理できるようになります。また、労働時間以外にも休暇の管理も可能です。各人の有給休暇の残数を入力すれば、休暇の入力をするごとに、自動的に休暇の残数が減数されます。システムによっては、休暇届けもシステム上から提出できるようになります。タイムレコーダー機能は、社内コンピューターだけでなく、スマホからも利用することが可能です。スマホを利用できれば、社員の出張時のタイムレコーディングも楽にできます。勤怠管理システムを利用することで、給与計算や休日管理の手間が軽減され、社内工数の削減にも繋がるのです。

Copyright© 2017 災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう All Rights Reserved.