災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう

勤怠とその管理

PC

システム化の魅力

会社にとって従業員の勤怠管理を厳密に行うことは、最も重要な管理業務となっている。最近ではサービス残業の問題や長時間労働の問題などにより、会社への目が厳しくなっている。その為、的確な勤怠管理を行うことは会社の存続においても欠かすことのできないものである。勤怠管理は、以前はタームカードなどを用いた方法が取られていたが、最近では勤怠管理システムを導入し管理することが中心である。勤怠管理システムにおいても、申告制で勤務時間を入力させるものや、パソコンの電源オンオフ時間を自動収集し正確に勤怠管理する方法もある。勤怠管理をシステム化することで、出退勤の時間を自動的に収集、集計することが可能になる。出退勤時間は、従業員への給与計算の基本となる情報である為、勤怠管理を自動で行うことで、給与計算も自動で行える。特に従業員数の多い会社では、これらの管理を人間の手で行っていると膨大な時間がかかってしまう。また、人手で行うことで間違った集計をしてしまう可能性もある。その為、システムを導入し管理することは、会社の負担軽減においても大きな魅力となる。勤怠管理システムでは、社内のサーバー上でアプリを稼働させるものがこれまで主流であった。しかし、最近ではWEBサイトで入力できるシステムが中心になっている。WEBから入力できることで、営業職などでは出先からでも出退勤を妊力することができる。それにより、自社に戻るなど手間が省ける。

Copyright© 2017 災害時に備えて|安否確認システムを導入しよう All Rights Reserved.